弁理士試験の条文を今より3倍以上覚える方法

私はコレで弁理士になった!
現役弁理士である私が、かつて自らの受験勉強のために作り上げた条文暗記用の最強ツール
私は、コレで暗記に対する苦手意識を克服し、弁理士試験に合格しました!
弁理士 松野 洋(登録第15706号)
★無料サンプル公開中★

今なら全文丸ごと見れます!
◆ メインメニュー ◆
 HOME
 こんなメリットがあります☆
 サンプルを見る/購入する
 特典もあります♪
 ユーザー様の声
 サポート情報
 最新版ダウンロード
◆ サブメニュー ◆
 ブログ
 論文用暗記資料ダウンロード
 改正法データダウンロード
 論文答案用紙ダウンロード
 特定商取引法に基づく表示
◆ お問い合わせ ◆


■ニュースレター登録[無料!!]
知らなきゃ損する!?弁理士試験合格者のノウハウ☆私はコレで弁理士になりました!
mail
氏名

読者数1900名突破!['12/12/28現在]
特許法等の改正がありますので、条文構造ダイアグラムの販売を休止しております。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

短答試験に向けて頑張っているあなたへ

かつて、短答試験で17点しか取れなかった弁理士松野洋が、
普段、短答試験対策をほとんどしなくても、短答試験に楽勝で合格できるようになった秘密を公開しています!



弁理士松野洋を、かつて楽勝で短答試験に合格させた教材のサンプルを無料で手に入れられますので、ぜひとも最後まで読んでください。



従来の勉強法との相性に悩んだことがキッカケとなり…


 皆さんは、どのような方法で弁理士試験の短答対策の勉強をしていますか?

 おそらく、あなたも、
  (1)受験予備校の講座を受講する。
  (2)講座の後は、受験予備校のレジュメやテキストを使って自習する。
  (3)上記のほかに、青本などのいわゆる基本書を読む。
  (4)そして何より、条文集を読み込む。
という方法を採用なさったことがあると思います。

 私自身、弁理士試験の受験勉強を始めた頃は、上記の方法で勉強していました。

 しかし、勉強を始めて間もなく、あることに気付いたのです。

 それは、残念なことに、自分自身が暗記をとても苦手としているという事実でした。

 当初は、何が何でも最終合格してやるぞ!

という強い意気込みで勉強を始めてはみたものの、条文集を見れば、素人には難解な言葉が羅列され、条文を覚えるという作業の前に、そもそも条文を読むことすらままならないという状態でした。

 そこで、私は、一念発起し、自分に合った条文の覚え方を見つけることを決意しました。

 そして、短期合格できないことを覚悟のうえで、自分にあった学習方法を探求し続けました。

 その結果、受験勉強を始めてから約二年を掛けて、条文の内容を覚えることと、条文の内容を復習することとの両方の目的で使用できる強力なツールを作り上げました。

 そのツールの試用に協力してくれた多くの受験仲間には、とても感謝しています。

 みなさんとても優秀な方ばかりで、サッサと短期合格を果たされ、私だけをベテラン受験生として置き去りにして行ったのですから(T_T)。

 しかし、何人かの受験仲間から言われたある言葉を聞いたとき、直感的に思ったんです。

 このツールは使えるぞ!と。



「ごめん。踏み台にしちゃったね。」


 
 一見嫌味に聞こえるかもしれませんが、そう言われたとき、私は、自分が弁理士になることを確信しました。

 このツールを作った自分自身が、合格できないはずがないと。。。


勉強で苦しんで欲しくない…


 そして、そこからようやく私自身の受験勉強が始まりました。

 私は、受験予備校の教材を殆ど使用せず、自作したツールを中心にして勉強を続け、その後約2年半を掛けて最終合格を果たしました。

 受験回数はちょうど5回でした。

 恥ずかしながら、決して優等生ではありません。


 私は、弁理士を目指して頑張っているあなたも、もしかすると、私と同じように、条文を読み込んで理解し記憶するという作業が苦手なのではないか?と思っています。

 私は、冒頭で述べたオーソドックスな方法で、あなたが苦しみながら勉強を続けるのではなく、着実に進歩していることを確認しながら学習し、そして受験勉強を楽しんでもらいたいと思っています。

 
 そこで、私は、自分が受験生だった頃に書き溜めたツール、そして何より私自身を弁理士へと導いてくれたツールを、条文構造ダイアグラムと名付けて公開することにしました。




3通りの使い道(メリット)


 
 条文構造ダイアグラムは、条文の内容を視覚的に理解しながら覚えるという目的で使用する図表や、条文に関する記憶を再確認するという目的で使用する図表を多数含んでいます。

 その一例としては、冗長な条文からキーワードを抜き出して一覧表示したものや、条文に規定されている事項を経時的に表した図などがあります。


1.条文の理解を早める



 まず、これらの図表を、条文の理解を早める目的で使用する場合、多くの図表は、条文の内容を理解し易いように、条文中のキーワードを抽出して表示したり、条文中の要件に対応する語呂合わせが付属していますので、これらが内容の暗記作業を助けてくれるはずです。

 なお、何ら努力せずに条文を覚えられると考えている方はいないと思いますが、本書に掲載されている図表を使用すれば、単に条文集を読み込むのに比べて、予め条文の内容を想像したうえで条文集に当たることができるので、条文の内容を覚えるのが格段に早く、且つ容易になります。


2.条文の知識を定着させる



 次に、これらの図表は、条文の知識を定着させる目的で使用することもできます。

 あるいは、図表を用いて条文を理解することにより、条文の知識が自然と記憶に定着するというほうが正しいかもしれません。

 というのも、あなたは、他人の名前を覚える際に、そのまま覚えようとするとなかなか覚えられないけれど、例えば顔が芸能人のホニャララさんに似ているから「ホニャララさんだ!」とか、すごく背が高いのに何故か「小山さん」みたいに、相手を特徴付けるための修飾語や枕詞を使うことがありませんか?

 私は、他人の名前だけでなく、物事を覚えるのが苦手なので、いつもそうやって覚えるようにしているのですが、図表の多くは、ちょうどこれら修飾語や枕詞のような役割を果たしてくれるのです。

 従って、図表を利用して条文を理解して覚えるようにすると、一旦覚えた条文が忘れにくく(正確には、思い出し易く)なります。

 
3.条文の知識を短時間で再確認する


 
 さらに、条文構造ダイアグラムに掲載されている図表を、条文に関する知識を再確認する目的で使用する場合、図表の一部あるいは全部を手のひらや下敷きなどで隠し、図表の内容を暗唱できるかどうかをチェックしてみてください。

 短答式筆記試験の直前期のように、短時間で条文の内容を復習したい場合には、条文をわざわざ読み直すよりも、図表の内容を再確認したほうが断然効率が良いからです。

 
オススメの使い道


 
 条文構造ダイアグラムに掲載されている図表について、私がオススメする使い道は、上記3種類の使い道のうち、どちらかといえば条文に関する知識を再確認する目的で使用するという使い道です。

 私は、条文構造ダイアグラムに掲載されている図表を、その使い道で使用したからこそ、短答式筆記試験に合格できたと思っています。

 何故なら、条文構造ダイアグラムに掲載されている図表のように、条文の内容のうち特に覚えるべき事項が図表化されていることで、短答式筆記試験に合格するために必要な条文の知識を短時間で再確認することができたからです。

 例えば、条文構造ダイアグラムに掲載されている図表に関連する条文については、わざわざ法文集を読み直さなくても、図表の内容を暗唱できるかどうかを確認すれば短答式筆記試験対策としては足りることが多いのです。

 従って、弁理士試験に限らず殆どの法律系資格試験の受験生が行っている、条文を読み直すという一般的な方法で復習するのに比べると、格段に短時間で条文の知識を再確認することができます。

 また、短答式筆記試験の過去問を解くという方法で復習を行う場合、復習できる条文の種類は、問題文に登場する条文に限られてしまうのに対し、図表を用いて復習することで、条文の内容をまんべんなく確認することができるのです。





条文構造ダイアグラムの内容


条文構造ダイアグラムは、以下のように分類されています。

checkboxプロローグ
checkbox1.特許法(上巻)
checkbox2.特許法(下巻)
checkbox3.実用新案法
checkbox4.意匠法
checkbox5.商標法
checkbox6.不正競争防止法
checkboxその他

以上の分類の内容をさらに詳細に説明すると、以下のような内容になっています。

プロローグ
checkbox本書の使い道
checkbox全法域に精通すべきか?
checkbox試験に対する取り組み方について
checkbox注意事項

特許法(上巻)
checkbox 第7条(未成年者、成年被後見人等の手続をする能力)、第16条(手続をする能力がない場合の追認)
checkbox 第9条(代理権の範囲)、第14条(複数当事者の相互代表)
checkbox 第17条の2第3項(外国語書面出願の明細書等を補正した場合の取り扱い)
checkbox 第30条第4項(新規性喪失の例外規定のうち、手続に関する規定)
checkbox 第35条第4項
checkbox 第35条第5項
checkbox 第36条の2第3項(外国語書面出願において、図面の翻訳文と外国語要約書面の翻訳文を提出しなかった場合の取り扱い)
checkbox 第41条第1項、第42条第1項(国内優先権の主張の要件と国内優先権の主張が取下擬制されないための要件)
checkbox 第43条
checkbox 第43条の2
checkbox 第44条第1項(分割出願の時期的要件)
checkbox 第44条第2項,第4項
checkbox 特殊な出願に関する存続期間等
checkbox 第46項(出願の変更)
checkbox 第46条の2第1項(実用新案登録に基づく特許出願の要件)
checkbox 第49条各号(拒絶理由)、第123条第1項各号(無効理由)
checkbox 第64条の2第1項(出願公開の請求の要件)
checkbox 第65条第5項、商標法第13条の2第5項(補償金請求権の行使及び金銭的請求権に関して準用される規定)
checkbox 第67条の3第1項(特許権の存続期間の延長登録出願に関する拒絶理由)
checkbox 第71条第1項(判定)
checkbox 第79条(先使用権)
checkbox 第80条第1項柱書(中用権)
checkbox 第176条(後用権)
checkbox 第81条(意匠権の存続期間の満了後の通常実施権)
checkbox 第94条(実施権の移転等)

特許法(下巻)
checkbox 第109条(登録料の減免又は猶予)
checkbox 第111条(既納の登録料等の返還)
checkbox 第112条の3、第175条(特許権の効力の制限)
checkbox 第108条、第109条、第112条、第112条の2等(特許料の納付期限等)
checkbox 第121条(拒絶査定不服審判の請求時期)
checkbox 第131条の2(審判請求書の補正)
checkbox 第133条第3項、第133条の2第1項、及び第135条等(審判に関する手続の不備や手続書面の不備に対する取り扱い)
checkbox 第126条第2項、第134条の2第1項、及び第17条の4(訂正審判の時期的要件、訂正請求の時期的要件、及び訂正明細書等の補正の時期的要件)
checkbox 第134条の3(無効審判において審決がされた後、明細書、特許請求の範囲、又は図面について訂正できる場合及び訂正したものとみなされる場合)
checkbox 第126条第5項(訂正審判及び訂正請求において、訂正後の特許請求の範囲に記載されている事項により特定される発明のうち、いわゆる独立特許要件の具備が要求される発明と、該要件の具備が要求されない発明)
checkbox 第142条第1項、第143条第2項、及び第149条第1項,同条第4項(除斥の申立、忌避の申立、参加の申請、及びこれらの決定についての方式)
checkbox 第148条(参加人の権限)
checkbox 第173条(再審の請求期間)
checkbox 第178条第1項,第2項(審決等に対する訴え)
checkbox 第184条の4,5,7,8,11,12,14,15,16,17
checkbox 第184条の4第3項、第184条の7第2項、第184条の8第2項,第4項
checkbox 第64条、第193条等(特許公報掲載事項)
checkbox 第195条の4(行政不服審査法による不服申立て)
checkbox 第196条~第204条(罰則)

実用新案法
checkbox 第6条の2、及び第37条第1項各号(基礎的要件、無効理由)
checkbox 第6条の2(基礎的要件)
checkbox 第12条第1項(実用新案技術評価)
checkbox 第29条の3(実用新案権者等の責任)
checkbox 第39条の2第3~5項、第54条の2第2~9項(審判請求手数料及び参加申請手数料が返還される場合)

意匠法
checkbox 第14条第4項各号(意匠権者以外の者に対して秘密意匠の内容を示す場合)
checkbox 第17条各号(拒絶理由、無効理由)
checkbox 第17条の3、第17条の4(補正却下後の審理の流れ_Part.1)
checkbox 第17条の3、第17条の4(補正却下後の審理の流れ_Part.2)

商標法
checkbox 第5条の2第1項各号(出願日の認定要件)
checkbox 第5条の2第4項、第6条第1,2項(出願日の認定要件を満たしていない場合、及び第6条第1,2項の規定に違反している場合)
checkbox 第7条第1項(団体商標登録出願の主体的要件)
checkbox 第9条の3(パリ条約の例による優先権主張)
checkbox 第15条各号(拒絶理由、無効理由)
checkbox 第24条第2項(商標権の分割の時期的要件)
checkbox 第30条第3項、第31条第3項、第31条の2第項等(実施権の移転等)
checkbox 第37条各号(商標権侵害とみなす行為)
checkbox 第22条、第59条(商標権の効力の制限)
checkbox 第43条の4第2,3項、第43条の7第1項、第43条の9、第43条の11第1項(登録異議の申立てに関する規定)
checkbox 第41条、第41条の2、第41条の3、第43条、第65条の8、第65条の9(登録料の納付期限等)
checkbox 登録異議の申立ての要件、審判の要件
checkbox 拒絶理由一覧
checkbox 第70条(登録商標に類似する商標等についての特則)

不正競争防止法
checkbox適用除外、損害額の推定、及び消滅時効に関する規定

その他
checkbox特許協力条約(PCT)-(おまけ)
checkboxあとがき


 以上が、条文構造ダイアグラムの内容になります。

 特に特許法のボリュームが大きい理由は、特許法以外の条文については、特許法を理解すれば、個別に初めから理解しなくても良い条文が多いからです。

 条文構造ダイアグラムには、上記の列挙した条文それぞれについて、条文の内容を表す図表と、図表それぞれの内容に関する説明文や、図表の内容の覚え方に関する解説文が含まれています。

 上記の列挙した条文の数だけでも結構なボリュームだと思いますが、決して無駄な内容ではありません。



仕事や家族も大事にしたいという強い想いがあったからこそ…


 
 私は、自分で作った図表に相当依存して勉強を続けていたので、これらの図表が無い場合、どのようにして短答式筆記試験を乗り越えればよいのかわかりません。

 例えば、短答式筆記試験の直前期に、商標法第70条の内容をどのようにして確認(復習)することが考えられるでしょうか?

 「え~っと、第25条ってどんな条文だっけ…」なんて言いながら条文集をめくって確認するのでしょうか。

 そういう方法で条文の復習を行う場合、復習を一通り終えるのに一体何日かかってしまうのでしょうか…

 これが短答式筆記試験の直前記だと思うと、ゾッとします。

 しかも、条文の内容を復習するために、仕事や家族サービスのための時間をいったいどれほど犠牲ににすることになるのでしょうか



四法対照条文集で、効率を格段にUPさせる!


 
 さらに具体的な図表の使い方としては、各図表をとても小さくコピーして、四法対照条文集の余白に貼り付けるという方法があります。

 その余白は、各図表に関連する条文が記載されているページ内の余白が良いと思います。

 四法対照条文集は、もともと余白がたくさん確保されていることから、図表の貼り付け位置に困ることはあまりないと思います。

 また、図表をコピーする際の縮小率としては、すごく小さいけれどもしっかり読める文字サイズ(例えば、6pt)になるように縮小するのがオススメです。

 そして、縮小済みの図表を四法対照条文集に貼り付けた後、例えば、図表の内容を暗唱できるようになるまで、頻繁に目を通すようにしていました。

 これらの図表は、そもそも条文の内容を覚え易いように工夫してありますが、その内容を一旦覚えてしまえば、前述のように、短答式筆記試験の直前期における復習作業において、一層大きな効果を発揮する強力なツールとなるからです。



少しの工夫でライバルに差をつける


 
 多くの受験生は、受験予備校で配布される文字だらけのテキストを使って勉強することが当たり前になっているので、条文を図表化するなどの些細な工夫によって、条文の内容が理解し易くなることや、効率的に条文の内容を復習できることを知らない場合があります。

 従って、私は、多くの受験生が当たり前に覚えている条文だけでなく、読みづらいために多くの受験生が覚えるのを躊躇してしまう条文こそ、工夫次第でちゃちゃっと片付けてしまうことを心掛けていました。

 こうした心掛けにより、他の受験生との差を少しずつ拡げることができると考えています。

 ですが、あなたは、間違っても自分で工夫して資料作りに励むなんてことはしないほうがよいです。

 私のように、やがて「ベテラン受験生」と呼ばれてしまうことになります。

 ちなみに、現在では、受験回数が3回程度であっても、ベテランと呼ばれてしまうのではないでしょうか。



新鮮な頭脳で短答式筆記試験を乗り越える


 
 ところで、図表を用いて条文の内容を確認するという作業がどれほどの効果を発揮するかのといいますと、私の場合、短答式筆記試験の前日(具体的には、午前10時から午後8時位の間)に、四法と不正競争防止法の全条文の復習を済ませることができました。

 受験生の間では、全ての条文の内容を確認することを、“条文を回す”と言いますが、この作業をたった一日で済ませることができたのです。

 さらに、試験の前日に条文を再確認しているので、脳みその中には条文に関する記憶がかなり新鮮な状態で維持されており、短答式筆記試験をまさに楽勝で乗り越えられたのです。

 このように、図表の確認作業は、短答式筆記試験の直前期における復習作業を効率化させるだけでなく、新鮮な頭脳で試験に臨むことを可能にしてくれます。



 
 さて、私のつたない文章にここまでお付き合い下さり、誠にありがとうございます。

 あなたは、本気で弁理士になりたいと思っていらっしゃる方だと思います。

 私は、そんな方にこそ、是非とも短期合格を果たして欲しいと願っています。



私を踏み台にして飛躍してください…


 
 私は、条文構造ダイアグラムを販売するにあたり、価格設定について非常に悩みました。

 例えば、条文構造ダイアグラムを作成するために費やした受験期間の当初二年間をお金に換算すると幾らになるだろうか?

とか、あまりにも安い価格に設定すると、胡散臭くならないだろうか?

などと、色々と考えました。

 そして、数日の間考えた末に、49,800円くらいが妥当ではないだろうか?と思うようになりました。

 しかし、その一方で、その価格であれば、購入する方、ひいては条文構造ダイアグラムを利用して弁理士になる方が極めて少なくなるだろうな、とも思いました。

 そこで、教材を販売することについて、もう一度よく考えてみました 。

 例えば、弁理士試験に新たにチャレンジする受験生は、毎年6,000人程度だと思われますが、ほとんどの受験生が大手予備校を利用していると思われるので、短答対策用の教材はそもそも多く売れるものではありません。

 また、たくさん売って大儲けすることではなく、自分の作り上げたツールを使って多くの弁理士が誕生し、喜びを共有できることや、弁理士を目指して頑張る方々をサポートさせて頂けるということのほうが断然嬉しいと思うようになりました。

 そう考えた結果、19,500円(税込み)に設定させていただきました。

 高い、ですよね?

 実は、この価格はそれほど手頃ではないということは、重々承知しています。

 しかし、これまで1万円程度の価格帯から何度も値上げを実施してわかったのは、低い価格で手に入れた受験生のなかには、100名に一名ほどの割合で、簡単に返金を要求なさる方がいらっしゃるのです。

 一方で、19,500円以上の価格で条文構造ダイアグラムを手に入れた受験生のなかには、返金を要求した方は一名もいらっしゃらないのです。

 従って、現在の条文構造ダイアグラムのユーザーは、何としてでも条文構造ダイアグラムを活用し、弁理士になってやるぞ!という強い意志を持っている方々なのです。

 価格を上げたことによって、こうした強い意欲を持っている受験生だけが集まり、ともに歩めることになり、私自身、大変嬉しく思っています。

 ※ただし、価格は随時変更しますので、サンプルを請求し、ニュースレターを受信できるようにしておいてください!


   checkbox 60日間返金保証!

 ところで、あなたは、わたしのことをご存知ですか?
 もしそうでないなら、見ず知らずの私のことを「信じて欲しい」と言っても、なかなか簡単には受け入れられないと思います。

 そこで、返金保証制度をご用意致しました。

 条文構造ダイアグラムを購入するかしないかは、いまは決めないでください。

 現時点では、条文構造ダイアグラムがどのような内容なのか、また、私の言っていることにご納得頂けるかどうかをご検討頂くために、条文構造ダイアグラムをダウンロードしていただくだけで結構です。

 購入するかどうかは、内容をじっくり読んでから決めて頂いても遅くありません。

 60日間、内容をじっくりとご検討して頂いた結果、「役に立たない」と判断された場合は、条文構造ダイアグラムをパソコンから消去し、印刷済みの場合は破棄してください。

 これで返品が完了したものとみなします。
 なお、返品のご連絡はメールにてお願い致します。 

 ただし、条件がひとつあります。

 冷やかし客への情報の流出を避けるために、条文構造ダイアグラムの代金を、先に一時的に預からせてください。

 そのお支払いの完了後60日以内に内容をご確認頂いて、「どうも使えないな」とお感じになった場合には、遠慮なくご連絡ください。

 特段の事情がない限り5営業日以内(遅くとも30日以内)に購入代金全額を返金することを、お約束いたします。

 一般的には、小売業者さんは、
 ・「開封後の返品は受け付けない」
 ・「ダウンロード版の場合は返品不可」
などのように言い訳をし、返品を出来るだけ回避して利益を確保しようとします。

 しかしながら、私は、そのような一般的な販売方法は好きではありません。

 だって、あなたが、見ず知らずの人間(この場合は“私”)から商品を購入するには、もの凄く大きなリスクを取る覚悟が必要だと思うんです。

 例えば、
 ・高額なのに、使い物にならなかった場合、時間が勿体無いんじゃないか?
 ・見ず知らずの人に、先に代金を渡してしまって大丈夫か?
のように、不安な気持ちが幾つも想像できます。

 販売者である私が、あなたのそうした不安や覚悟を理解しているのに、自分だけリスクを取ることから逃げていては、あなたにばかりリスクを取らせてしまうことになり、フェアじゃないと思うんです。

 だから、返金保証は、当たり前のことなのです。
 もちろん、ご返品いただいた後は、あなたには一切の義務や負担がないことをお約束いたします。

 しかし、インターネット上で「返金保証」をつけたたとしても、わたしがトンズラしたら、どうにもならないんじゃないか?と感じるかもしれませんね。

 もし、そこまで不安になるようでしたら、ぜひ一度、わたしの事務所までお電話ください。
 そして、弁理士松野を呼び出し、弁理士松野洋が実在すること、条文構造ダイアグラムの販売主であることを直接確認してください。

 わたしの事務所の連絡先は、以下のとおりです。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
エル特許事務所
〒920-2153
石川県白山市日御子町ハ13-6
メゾンサンクレイン101号室
℡076-227-9557
※弁理士ナビで確認するにはこちら⇒http://www.benrishi-navi.com/quick/quick2.php
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■




 さて、ここまで読み進めてくださったということは、条文構造ダイアグラムを手に入れるべきかな?と少しは感じていらっしゃるのだろうと思います。

 でも、手に入れたいとは思うけど、高額だし、どうしよう。。。と踏ん切りのつかないあなたの背中を少しだけ押させてください。
 そんなことは必要ない!とお思いでしたら、これ以上読み進めるのを止めてブラウザを閉じてください。


 実は、条文構造ダイアグラムをお申し込み頂いた方には、特典を差し上げています。
 具体的には、

   checkbox 問題集(穴あきダイアグラム)を差し上げます!
   checkbox 各図表のエクセルファイルを差し上げます!
   checkbox 無料でメール対応させて頂きます!

 ※特典の詳細については、コチラをご確認ください。


 あなたも、是非とも私の知識を踏み台にして、弁理士になってください!

 
 本気で弁理士を目指すあなたを、心より応援しております。


 

弁理士 松野 洋



追伸

条文構造ダイアグラムの全文を、特別に、サンプルとして公開しています。

ただし、冷やかしの方にはお見せするつもりはありません。
あなたが、本気で、短答試験に合格したいのであれば、
今スグ、サンプルをメールで受け取り、中身をチェックしてください。

※サンプルには、透かしが入っています。
※弁理士試験に関するニュースレターもお送りします。


興味がおありでしたら、いますぐサンプルをチェックしてください。







条文構造ダイアグラム表紙



スポンサーサイト

 | HOME |  次のページへ移動する»

無料ダウンロード

メインメニュー

著者プロフィール

サブメニュー

お問い合わせ

リンク

検索フォーム

記事一覧

書籍紹介

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。